ホーム >> 入国管理局電子届出システムがスタート! >>対象となる届出・届出の方法

2013年6月24日(月)から入国管理局電子届出システムがスタート!

リーフレットPDF

このサイトは,入管法上の届出をオンラインで行うシステムのご案内を目的として法務省入国管理局が運営しています。

  • 入国管理局電子届出システムとは
  • 対象となる届出・届出の方法
  • よくある質問(Q&A)操作マニュアル
  • 利用規約
  • 利用環境
  • お問い合わせ先
入国管理局電子届出システム

対象となる届出・届出の方法

以下の手順を実施していただくと,必要な届出の案内ページが表示されます。

STEP1 中長期在留者本人又は所属機関の職員のいずれかを確認してください。

STEP2 届出対象である中長期在留者の在留資格ごとのリンク先をクリックしてください。

STEP3 必要な届出に関する手続案内のページが表示されます。

届出対象者の在留資格のリンク先をクリックしてください。

中長期在留者本人

○「教授」,「高度専門職1号ハ」,「高度専門職2号(入管法別表第1の2の表の 高度専門職の項の2号ハに掲げる活動に従事する場合)」,「経営管理」,「法律・会計業務」,「医療」,「教育」,「企業内転勤」,「技能実習」,「留学」,「研修」

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri10_00014.html

○「高度専門職1号イ」,「高度専門職1号ロ」,「高度専門職2号(入管法別表第1の2の表の高度専門職の項の2号イ又はロに掲げる活動に従事する場合)」,「研究」,「技術・人文知識・国際業務」,「介護」,「興行」,「技能」

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri10_00015.html

○「家族滞在」,「特定活動」,「日本人の配偶者等」,「永住者の配偶者等」

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri10_00016.html

所属機関の職員の方

○「教授」,「投資・経営」,「法律・会計業務」,「医療」,「研究」,「教育」,「技術」,「人文知識・国際業務」,「企業内転勤」,「興行」,「技能」

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri10_00017.html

○「留学」

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri10_00018.html)

トップ画面へ